Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
旅もそろそろ終わりでパリの2日目
 
  ゆっくりした旅行記ですがそろそろ帰国が近く密度の濃いスケジュールです。

     パリに入ると足が速くなります。忙しいですすもの

  パリの常宿は毎回書きますが、サントノレ通りに面していてホテルを出ると有名で
  行列ができるおいしいパン屋さん、その前にはスーパーマーケット、同じ通りにはワイン
  ショップがあり、駅は、ピラミッド、チュイルリーにも3〜4分とオペラ界隈にも歩いて
  行けるとても便利なホテルなのです。

 
    ホテルのすぐ近くサントノレ通りを1本はいったところにある
   シーフードを食べさせるお店です。リーゾナブルで新鮮
     近くのマダムもお買いものをしています。
                     
     日本では、この時期には牡蠣は食べませんがフランスは大丈夫。透明なのです。
      少し、塩気が強いのですが美味。

   
  ホテルリッツのエントランスのお花、日本的ですね。世界のセレブが泊まります。
  あのダイアナ妃が最後に滞在したホテルでもあります。

                
   セレブがお買いものをするホテルリッツのアーケードです。
   実はこの左側のウィンドウ の切れた所の中に学校のオフイスがありレッスンの
   申し込みが終わるとこのアーケードに出てこられます、入り口はホテルの裏の通り、
   学校、厨房があるので厳重なセキュリティーの中入れます。
   レッスンは2席空きがあったので予約出来ました。

    ボンマルシェ、ラファイエットでお土産、食料品のお買いもの。買いたいものが山ほど
    ありますが時間がたりないのです。
   
     今回は美術館にも行けませんでした。

     ノートルダム寺院
     
 夜はノートルダム寺院でパイプオルガンのコンサート800人から1000人近くでしょうか
 難しい曲でしたがパイプオルガンのコンサートに行く機会はないでしょうから・・・・
 盛況でした。
   
posted by: foret726-2 | ミュンヘン〜北イタリアそしてパリ16日間 | 23:34 | - | - |-
この旅 の最後パリへ
 
  早朝、なでしこジャパンが優勝!!快挙です。3時半に目覚ましをセットして。

  最初は押されて面白い試合ではなかったのですが、澤選手が延長の最後にゴール
  して同点に追いつき、PK戦になり、なでしこの力まない落ち着いたキックは見事に
  決まりました。

  感動!!諦めず粘り強い。今迄の苦労が報われました。日本を出発する前に
  メダルを取りたい。 優勝したいと言っていました。
   その通りになりましたね。おめでとう!
  日本はいいニュースがない昨今、被災地の皆さんをも元気づけてくれました。

   私の旅最後はいつものようにパリに入ります。今回は4日間です。
    
      ヴェローナ10時55分発なのでお天気も良く機内からアルプスがこんな綺麗に
      見えました。     
  パリシャルルドゴール空港12時30分着

  パリは常宿 サントノレ通りのプチホテルに荷物を置き、いつも到着してすぐ、
  コルドンブルー、ルノートル、ホテルリッツへレッスン出来る日を申し込みに行きます。

                 マドレーヌ フォション のデイスプレーとケーキ、お惣菜をご覧ください。
             
 
       キャビアのようにチョコレートです。
  

            この一角は色が違います。


  やはりフォションはアートです。


     
                     スクエアーを以前から取り入れていますね。

このデザインはいつか使わせていただきたいと思っています。斬新ですね。












  
     
                                                         
 

 
ケースに入っているので写りが悪いです。    これは、後日フォションのスタンドで朝食に
                             食べたお惣菜、手前のカニのパイは絶品
                             でどれも美味ですがパン2個、カプチーノ
                             2杯で5000円位少々お高い朝食でした
 
 学校は、ルノートルは満席、シュガーで駄目、コルドンブルーのデモンストレーションクラス
 ケーキは、5月は終わり、クッキングは OK、ホテルリッツは、1ディッシュレッスンのみOK
  でした。                
posted by: foret726-2 | ミュンヘン〜北イタリアそしてパリ16日間 | 12:27 | - | - |-
パルマ、モデナへ
 
 日本を発って10日を過ぎました。楽しい事はあっというまです。

 今日はパルミジャーノと生ハムの町。日本ではサッカーの中田選手がいたのをご存じ
 だと思います。

  マントヴァからピアデナで乗り換えパルマに1時間ちょっとで着きます。

 パルマはオペラの殿堂、テアトロ・レージョと大指揮者トスカニーニの故郷、そしてスタンダールの小説「パルムの僧院」の舞台となった町で食と芸術の町です。

ドゥオーモ 玄関の左右の柱を2頭のライオン像が守り3段のアーケードが正面を飾っています。12世紀のロンバルディア・ロマネスク様式でイタリアロマネスクの傑作のひとつ


  ドゥオーモに隣接する洗礼堂は八角形六層のヴェローナのバラ色の大理石で作られた
  ユニークなもので宝石箱のようだと言われています。
              
         洗礼堂の中            


            



 パルマはイタリアでも耳の肥えたオペラファンが多いと言われています。
 ここが有名なテアトロ・レージョ。オーストリアのマリアルイーズが建てた様です。
 他の劇場と違って玄人受けする企画が盛りだくさんだとか、とてもきれいな劇場です。

  劇場の中、上演の前に
    くつろぐのでしょうか装飾も一見の価値ありのようです。

町の中に面白い物が走って
                                       いました。


   


     生ハムお安いでしょう?

                      美味しそう

  見るだけでなく頂きましょう!

 
 軽い発泡性のワインランブルスコ 鼻を利かせて私達は生ハムはスペイン産の方が生
 が有名で飲みやすく生ハム、パルミジャーノと合います。    っぽくないので好きですが                
                                       これは美味しかったです。
     パルマのトルテロッローニ
  
          パルマノラヴィオリは
     エルベッタとリコッタチーズを使うトルテロッローニはお腹にズッシリでもこのお店
     当たり でした。
     

   
          イタリアのケーキはこんな感じが多いです。ヴェローナとも同じでしたね。

    
         パルマの駅でしょうか?忘れました。



  さて、午後はバルサミコ酢の産地モデナへ行きます。1日に2か所移動は初めてです。
  パルマから列車で40分  とにかく暑いです。

                          

   モデナはパルマから東に50キロ世界遺産の古都 世界三大テノール歌手の一人
   パヴァロッティーの生まれた町でもあります。



  
     街はシエスタに入っていて観光客しかいないのです。

                    
                
  気品のある壮大な建物 ドゥカーレ宮殿 正面のすべての階の窓は異なったデザインの
  手の込んだ造り

                         
   バルサミコ酢を求めて来ましたが1軒だけお店を見つけたのですがシェスタで買えず  
posted by: foret726-2 | ミュンヘン〜北イタリアそしてパリ16日間 | 20:36 | - | - |-
ヴェローナへ
 
 ミュンヘンの美術館アルテ・ピナコテークがルードヴィッヒ祇い砲茲蠏設されイタリア絵画に興味を持ちかなり収集(ダヴィンチ、ラファエロ、)したというのを今日BSテレビで放送していました。

私達は時間がないため美術館は目的のものに限って観ていますが40もの部屋壁いっぱいに飾られた名画の素晴らしい作品がこんなに身近にゆったり鑑賞できる贅沢さはすごいです。改めて
この美術館が名画の宝庫だということを再認識しました。

パルマへ行く予定でしたが日曜日はお店が休みなので
 ヴェローナでお買いものをしたくて変更しました。



二重アーチのプラ門

             アレーナ(円形劇場)古代ローマの円形劇場でコロッセオに次ぐ規模
夏には、荘大な野外オペラ

が上演されることで世界的に有名でホセカレーラス、パヷアロッティー 、ドミンゴの写真もありました。 6月末から9月初旬週末を中心に上演されますが演目は1年前には決まり世界からファンが来ます。

  演目は「アイーダ」、「トスカ」、「ナブコ」、「カルメン」 「りゴレット」「ロメオとジュリエット」
  などなどです。
                            ローマ時代フォロロマーのノがあったところのエルベ広場
        ヴェローナが誇る一枚の絵のような美しさの名物広場
        広場を囲む建物にも記念すべき物が多い

シニョーり広場

静かで落ち着いた広場
ダンテ、ジョットが過ごしたと言われている後方のスカラ家の館
                     
                    
               市庁舎のロマネスコ様式の中庭にあるゴシック様式の優美な階段

       
     ゴシック様式のこの町で一番大きな教会正面は未完成
     
  色大理石が美しい
                           
  
この町はシェークスピアの名作「 ロミオとジュリエッタ」で有名
右胸に触ると幸福な結婚ができる?光っていませんか?
私?充分幸福(笑)なので 触りませんでした・・・
               
                      ジュリエッタの家のバルコニー


             このお店のペスカトーレはあまりの美味しさにイタリアを発つ前にもう一度食べました。地元の人達もこれを食べている人の多いこと。


  ボルチーニをたっぷり、お肉とこれも絶妙なお味

           アディジェ川        
             
                    
 
 
  ドゥオーモ

 
 スカラ家の廟


                 
                        


posted by: foret726-2 | ミュンヘン〜北イタリアそしてパリ16日間 | 16:27 | - | - |-
ヴァイオリンの町 クレモナへ
 
 4泊はマントヴァ今日も晴れ爽やかな朝です。10時50分マントヴァ発クレモナへ40分で
 着きます。
        

                  センスの良いしかも上品な駅です


芸術学校のようです。
     
                4歳の孫が字が読めるので毎日絵葉書を送るので郵便局には
 よく行きました。郵便局は国、地方によってもそれぞれ面白いです。

  クレモナはストラディヴァりやグァルネリの名器を求めて世界のアーティストが来る所
  なのです。

    町には弦を売る店や、                           
                 何軒も楽器屋さんがあります。
市立博物館の中にストラディヴァりアーノ博物館があります。
 
                ン億円でしょうか?見学者は私達だけでした。これはほんの
一部です。セキュリティーはしっかりしているのでしょうがガラスケースの中で簡単です。
とても見応えがありました。

 
 工房には、こんな看板も
                           
                               工房はシエスタで見学できませんでした。日本の方の工房もあるようです。


  向こうにはトラッオ(塔)111メートルの高い鐘楼で町のシンボルです。コムーネ広場

またまた飲みます。ワインではなくイタリアでもビールです
                 イタリアなのでこれでしょう!

   生パスタ、小さな耳たぶのようなオレキエッティー もちもちで美味しー
                        

     ドゥオーモ


              洗礼堂は八角形でロマネスク様式
         

  緑の中癒される広い空間です。



                          
ドゥオーモの横の日蔭でジェラートを食べて3時半のシェスタが終わりお店の開店を 待って 素敵なお店をウオッチングしながら、3時半前になるとお店の素敵なマダム 
が何処からともなく来てシャッター、鍵を開けます。木が植わっている右のお店はお洒落なケーキ屋さんです。

       イタリアでは何処もドゥオモのお菓子がありアーモンドを使ったケーキです

                      どれも綺麗に出来ていました。
  
  
  
              購入したかったのですがこの日は写真撮影が行われていました
  
posted by: foret726-2 | ミュンヘン〜北イタリアそしてパリ16日間 | 23:49 | - | - |-
北イタリアへ   マントヴァ
    
    インスブルックを発つ朝 9時ごろのお天気は快晴、暖かい朝でした。

  

                山に手が届くようなという表現がされますが素晴らしい景色です。
     

 9時27分インスブルク発 13時01分ヴェローナ着 乗り替えてマントヴァ14時41分着の国境を
 越える5時間の旅です。ヴェルナー峠を越えイタリアに入ります。

    カメラを向けるとニッコリ!シャイな車掌さんです。 同じ車両に日本人の親娘さんがヴェローナ、ヴェネチア2泊3日の旅をされる方とご一緒になりました。

インスブルックの方と結婚して住んでいる
娘さんのところにお母様がいらしてご旅行するようでした。インスブルックの住み心地の良さ
をお聞きして羨ましくなりました。

途中、渓谷が素晴らしかったです。



      マントヴァはロンバルディア平野の東端、三方、湖に囲まれていて街が世界遺産に
      なっています。マントヴァ侯爵夫人でも有名です。豊穣な大地は数々の美しい建築、芸術
      の至宝に包まれています。
    

       マントヴァの顔 エルベ広場

          かっての町の政治や、芸術の中心だった場所ソルデッロ広場
 青空を突いドゥカーレ宮殿の塔が見え、広場正面にはドゥオーモが見える所                                  

                                            

                                                 建築も個性的です。
  ルネッサンス建築のサンタンドレア教会




   エレガントに3つの開口部に分かれた窓があり内部は豪壮で壁全体が漆喰、フレスコ画、象嵌
   等で装飾されている。
                                                        
                                                     
                                  
         ドゥオーモ
    
                                     
posted by: foret726-2 | ミュンヘン〜北イタリアそしてパリ16日間 | 00:10 | - | - |-
インスブルック
 
 

 
 
  今月は旅行の後始末、レッスン、名古屋へ日帰りのお墓参り、神戸へ兄夫婦が入院して
  お見舞いに日帰り、なかなか旅行記もはかどらず、昨日は、可愛い二人の孫と娘、家族
  全員揃い、 忙しくもありましたが癒され楽しいひと時でした。
  
    
  
   
    ザルツブルク9時27分オーストリアの特急でインスブルック10時59分着
    今日は晴れで暖かいです。

      
        山に届きそうな距離360℃山

インスブルックとは「イン川にかかる橋」という名だそうで12世紀にイン川の袂の集落から始まったそうです。標高2000メートルを超えるアルプスの山々に囲まれて2回冬季オリンピック開催地でもありとてもきれいな街で個人的にはザルツブルクよりインスブルックの方が好きです。

                       チロルを代表するバロック建築クラーハナの聖母が
     微笑む大聖堂

 天井の華麗なフレスコ画はバロックの巨匠アザム兄弟の作品
                        
                                      黄金の小屋根 マクシミリアン1世が広場で行われる
   行事を見物するために
   作らせたもの

 黄金の小屋根のバルコニー  左から三番目はマクシミリアン皇帝と2番目の妻、最初の妻(落馬で死亡)の姿が刻み込まれている

王侯貴族からゲーテや、モーツアルト、ハイネといった著名人が泊まった由緒ある宿。窓に紅白の鎧戸を持つオット―ブルク



  シュツルーデルも巻き込む物
                                                                         はいろいろです。
                       
                        チェリーの代表的なケーキ、酸っぱくていまいち

カップケーキのディスプレー



  エルカーという出窓が美しい


                 マリアテレジア道りにあるアンナ記念柱

    どこからでも山が見えます。
 


                            

     山を見ながらお食事します。ひざ掛けが置いてあります。やはり寒いのですね。              
イタリアじゃなくインスブルックのカフェ
 でしたがすごーく美味しかったです。         どうして食べましょうか?
大好きなアーティーチョーク
が入っていました。

  吹奏楽 高校生でしょうか? ヘルツオークフリードリッヒ通りで演奏会が始まりました。
NHKのふれあい街歩きでこの奥の建物が結婚式の披露宴会場になっているのをしていました。

 レースのように華麗な装飾のヘルプリングハウス

     NHK世界ふれあい街歩きでこのお店で話をきいていました。チロル料理のお店
     2階はレストラン、上はプチホテルです。雰囲気があるでしょう。             

年代を感じさせます。木をふんだんにつかっています。
        
                 右向こうのテーブルは地元の素敵なご家族6人でした。

  
  このパンも美味しい!                         繊細なザワークラウと
                                         です。
 
  チロル料理の肉やベーコンなどのグリル料理は鉄のフライパンで供されることが多い
  ようです。

           
             お会計なんとも上品なお店でした。
  
夜9時半くらいです。明日はイタリアに向かって・・・・
posted by: foret726-2 | ミュンヘン〜北イタリアそしてパリ16日間 | 16:36 | - | - |-
ザルツブルグへ
 
 16日朝はやはり気温が低いが天気は晴れ
  ミュンヘン中央駅はカフェが充実しています。朝食は駅で軽く済ませ
  モーツアルトが生まれた音楽の都、8時27分ザルツブルグへEC特急で1時間半の旅
  です。

  今日はスーツケースを持って1泊の旅そして明日も荷物を持っての旅です。

        
          国境を越えます。女性の車掌さんです。

  ドイツとの国境に近いオーストリアで「塩の城」という意味の名を持つ街で

  世界でも指折りのトップアーティストが出演するザルツブルグ音楽祭が夏に開かれます。

ホーエンザルツブルク城塞

ここでも夜コンサートが今の時期は毎日のように開催されます。行きたくて調べたのですが
夜寒くて行く気にはなれませんでした。



                     24時間、48時間、72時間の3種類バス、博物館、
  観光スポットが無料になる
  とても便利なザルツブルグカード
雨が時々降り寒くて、

            

      午後は雨が上がって・・・・大聖堂は素晴らしい

                       12世紀に後期ロマネスク様式で改築後17世紀にバロック様式で建て直された
主祭壇上の巨大な天井から降り注ぐ光が印象的。 
大理石がふんだんに使われ華麗なスタッコ装飾が施されている
 
                      
         ザルツブルグは綺麗で品の良い街です  。                                  

 

 
     また、ここでも看板を撮ってみました。看板が通りの名物
     ドイツより繊細かもしれません



      
          旧市街ゲトライデカッセにあるモーツアルトの生家です。
 
                     中は部屋がいくつもあり広いです。

 鼻を利かせて入った路地のお店。静かな良いレストラン当たりでした。


 
  こんなものを二人でぺろり食べてしまいました。
                          
    お昼から美味しいビールと共にホップが利いています。

 エッグアートのクリスマスのお店ここでエッグアートではありませんが孫にクリスマスの
 可愛い雑貨を買いました。壊れないように持って帰るのが大変でした。



 
ホーエンザルツブルク城塞からの眺め

 
 ザルツブルグの夕方 夫は寒くてホテルに先に帰り   巨大なチーズ
 私は一人で二時間近く街を散策しました。 
                              

  本屋さんの可愛いディスプレイ


    フランス的なケーキ屋さん
      
                    

   ザルツブルグのホテルの窓からの景色は座っていても
   こんな景色。癒されました。                                  

            お城も部屋から見えました。
              

            
posted by: foret726-2 | ミュンヘン〜北イタリアそしてパリ16日間 | 23:08 | - | - |-
ミュンヘン4日目最後の日明日はザルツブルグへ
 
   今日も寒く10℃ぐらい朝は雨が降っていましたが上がりでも寒い。
  開館迄並んでいるのも寒くて歩いていました。
  フェルメールが見られるということで世界有数の名画の宝庫がある

     「アルテ・ピナコテーク」美術館

           

   美術館の
    中のレストラン天井が高くて良い雰囲気です。ここを通らなければ
    展示場に行けないのです。

             光の魔術師さすがです。それに海外の美術館は
       写真も OK 近くで見られます。

                            

          あとすぐ近くの「ノイエ・ピナコテーク」
             世界有数の近代名画の宝庫
  ゴッホ、印象派のモネ、マネ、ルノアール、シスレー、ドガなどなど

 
   


                  
    トラムに乗って温まりました。

   美味しいアイシュバイン(豚のすね肉の料理)を食べに


 
                                            見栄えは悪いのですがあっさりしていてお醤油のような
味付けで美味しかったです。食べずらいのですが・

 新市庁舎の展望台へ2.5€の料金は価値がありました。素晴らしい!!
       

                 

7時新市庁舎の仕掛け時計グロッケンシュビール
雨で前のカフェで時間迄雨宿り  

    
     
                   

   シュネーバーレン「雪の玉」 揚げて粉糖を振り掛けた姿が雪合戦で投げた玉のように見えるところ
から命名されたのでしょうか?オーストリアから南ドイツにかけて広く作られ
水を使わずラム酒だけで生地を練るので油っこくなく軽く
お子さんからお年寄りに愛されている素朴なお菓子です。今はちょっと変わった物もあります

             
 
   プレツツェル

絢爛豪華なアザム教会
 外観、内装も床から天井まで絢爛豪華
  
 すごい装飾です。
             
                 
                      見学者は上を向いて        
posted by: foret726-2 | ミュンヘン〜北イタリアそしてパリ16日間 | 22:58 | - | - |-
フュッセンへ日帰りの旅
 
 ミュンヘン3日目今日はフュッセンへ

 ミュンヘン中央駅8時52分発 フュッセン10時55分着 片道2時間の旅
 です。綺麗な電車です。
                 

 昔アルプス越えの要綱の街として発展した。すぐに歩けてしまう位小さくてかわいいい
 街です。
 アルプスの山が見え爽やかな空気で保養地としての施設もありロマンチック
 街道の終点でも あり、ここからノイシュヴァンシュタイン城の麓へ行くバスも出ている
 ところです。
 レヒ川の水と緑に抱かれた清々しい街

                          
  























高い建物がないので空が広ーい





         このハチミツ屋さん薬局です。有名なようでアルプスの麓で
採集したいろいろの種類の自家製
ハチミツが人気だそうです。
よく見てくださいとっても安いのです
買いたかったのですが重くなりそうなので残念ですが・・・

            

       アウグスブルク司教の夏の居城だったホ―エス城


  高台からの景色

   ドイツの職人技のお店の看板を集めてみました。      


 
 
  友人がフレンチレストランを20年くらい前にオープンさせたときに
  日本で写真を見せて注文したそうですが今なら出来そうですが当時
  はなかなか判ってもらえなかったそうです。器用なドイツならではの
  看板です。

 
 ビールは昼夜よく
 飲みますがさすがに朝は飲みませんよ。お昼にこのスープだけでは
 ありません(笑)他のお料理は普通にこのシュパーゲル(ホワイトアスパラ
 )のスープは絶品でした。

 私達は旅行に出ると食事の時間はその国の人と同じ様にゆっくりお酒を飲み
 楽しみます。たとえ行くところが少なくなっても・・・・


      


         
                  カラフルなアート

ジェラートやさん
街はのんびりしています。

          量り売りのリキュール屋さんお店の中にたくさんの
リキュールが所狭しと置いてあり、外では購入して、飲んでいる人がいて珍しいですね。お洒落なお店でした
   
posted by: foret726-2 | ミュンヘン〜北イタリアそしてパリ16日間 | 23:34 | - | - |-