Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ツールーズ

  旅もそろそろ終わりに近くなりました。

   華やかなツールーズのケーキ屋さん 主人がお土産のチョコレートを
   買ったお店の隣りで同じ経営のケーキショップです。
    
  ピスタチオとチェリーのタルト
   30ユーロです       
  
       りんごのタルト 19ユーロです
      
             ツールーズ最後の日 二日このシーフードのお店に行きました。
     左に新鮮なシーフードが並べられ、右で食べられます。
     予約なしではなかなか行き難いお店ですが前夜にサービスしてくれた
     スタッフが予約客が来る1時間ならと言って入れてくれました。
           

        写真がぼけて残念でしたが今迄食べた海老の中で一番
     と言ってもいいくらいに
     火の通し方が絶妙で美味しかったですね!!

 

             
      しかしリゾットをオーダーするとしいフードは美味しいのですが
      ポルトガルでのリゾットのイメージが強かったので米がお粥の
      ようなものが出てきてがっかり〜〜 支払いをするときに連夜
      来ているのを知っていたスタッフが明日は休みだから〜
      と言って 私達もアムステルダムに向けて出発すると言うと
      再訪してねと言ってくれました

 

                             
   ツールーズの駅
      
     駅にある面白いスナックの自動販売機
   

       

       
       

      

 

 

  
 
 

posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 22:29 | - | - |-
ツールーズ近郊ロートレックの故郷小さな街アルビ
  
  旅行記を大晦日までに終わらせる予定でしたが忙し過ぎて終わらず残念でした。
 後少しです。アルビというロートレックの忙故郷、世界遺産です。ツールーズからTerで
 1時間10分中世の街並みの美しさでも知られています。

    

          タルン川のほとりに佇むレンガ色の街
   

         
  サント・セシル大聖堂
   40mの高さの壁の要塞のような姿ですが内部はきらびやか
  
  天井から祭壇迄きらびやかな装飾で覆われている
  

     

              土曜日は広場でマルシェが
 ちりめんキャベツ 

 
      おもわず買ってしまった栗
     
   ツールーズロートレック美術館
  
   ロートレックの自画像
   
   流石です所蔵の多さにゆっくり。もっとでゆっくり
  見たかったです。
    

    

 
     大きな市場があり食が充実しているのが判ります。
              
      
   
 
        レべルが高いこのキッシュ冷たくても美味でした。

      
                   

 この日は1Dayバスツアーで実はこの後、空に浮かぶ美しい城塞都市一番
 行きたかった街のコルド・シュル・シェルに行く予定でしたがバスに
 乗り遅れ積み残しというショッキングなことになりツアーでないと
 行けない場所なので残念でした。

  お昼はまたムール貝を食べました。トマト味も美味
  
 
 

 

 
 

 

  

  
posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 01:12 | - | - |-
ツールーズ➂

 毎日寒い日が続きますね。インフルエンザも流行の兆しがあるような

 クリスマス、年末お気をつけください。
 

 

  旅行記ツールーズの続きです。
    サンセルナン・バジリカ聖堂
  

         

    
   1215年に設立された ジャコバン修道院

    印象的な八角形の鐘楼は多くの教会のモデルになったとか
    光と影のコントラストが印象的な回廊は毎年9月
    ピアノのフェスティバルのメイン会場になり世界中から
    クラッシックファンが集まるとかさぞかし
    幻想的でしょうね
    
      
    教会後陣の天井は
   1本の柱からヤシの木のように22本の格縁が放射状に伸びている
   必見の価値ありです。
      
    
 

 これなんだか分かりますか?ラファイエット前の通りの車両止めですが
 ゴミ清掃車が入ってきて通り抜け出来ないのに
 どうするのかと思たその瞬間この車止めが下がっておじさんどや顔で
 通り抜けました。笑ってしまいました。
  
   キャピトル広場にあるツールーズ市庁舎は
   マラソン大会に向けての準備で正面からは写せません
    
       ツールーズの市庁舎のライトアップ
      バラ色のレンガと白い石を組み合わせた壮麗な姿です
      2階の大広間にはツールーズの歴史を描いた壁画や天井画を
      見ることが出来なかったのは残念でした。
      
このシーフードレストランは美味しくて二度行きました。
この日はムニエル。牡蠣を食べたかったのですが翌日の動きを考えて
断念!残念!
 

       

posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 19:31 | - | - |-
ツールーズ
 
 寒くなって来ましたねでもこれが平年通りでしょうか。
 今迄暖かかったせいか体が緊張します。

 大変!! 旅行記が捗らなくてクリスマスが近づいています。

 

  

  旧市街のルネッサンス期のパステル長者の館
  アセザ館(バンベルク財団美術館)ゆっくり見ると凄いですよ


  幼稚園かしら?先生の話を目を輝かせて聞いていました。
  小学生も来ていました。小さい頃から本物を見せるのですね
   

      

            

 
       この館 写真はほんの一部ですこれでもかという程展示
       されています。     
         
   サン・セルナン・バジリカ聖堂 の内部
  現存するロマネスク教会としてはフランスで最も大きいものです。
                 バラ窓は繊細で綺麗です                                                   
 

 夕食はツールーズの郷土料理のカスレを有名レストラン「ル・コロンビエ」で
  カスレとは豆、ベーコンやソーセージ、肉の煮込料理で少し塩分が
  強いので一人分をオーダー 
     
  このパンの美味しかったこと   私にとって食べてはいけない物を
                   食べてしまいました(笑)
   
    私はサーモンがあまり好きではないのですがこのサーモンは
    新鮮でグリルの仕方、味付けは絶品でした。 
    
    デザートのリンゴのミルフィーユは絶品でした
   
       

 
posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 16:24 | - | - |-
ツールーズ


   また旅行記に戻ります。今日はバラ色の街ツールーズです。
   ハプニングが起こりました。

  バイヨンヌからTGVでボルドー迄、ボルドーで乗り換えツールーズへ

  ボルドーでICでツールーズへ.日本でチケットを予約していた列車が

  運行中止になっていたのですがボードにはこの列車の表示がされていて
  出発時間が来てもプラットホームナンバーは表示されず慌ててTGVの
  カウンターを探し事情を話すとこの列車は中止になり次の列車に乗って欲しいと  
  言うだけでチケットを渡されました。海外では誤らないのですよ。
  帰国すると自宅のパソコンには連絡が入っていました。
 

  私達は10日前に出国していたので判らず出発時間まで待っていました。
  ボードに載せるのであれば中止を書かねば〜 日本ではあり得ない事で
  フランスの鉄道は遅れていると思いました。

             ボルドーの駅はとても大きいのです。
           車両の停車位置を確かめに        

 

             
    ボルドーからTGVで2時間くらいでツールーズマタビオ駅着
     ツールーズはエアバスを中心とする航空産業の中心地そして
     10万人以上の学生都市でもあります。

    
  ホテル近くのウイルソン広場 
    市庁舎があるキャピタル広場ほど大きくありませんが
    いつも賑わっていました。
           
       
  キャピトル広場               
   レンガ造りの建物が並ぶ旧市街      Plat du jour(今日のおすすめ)
                      (ハンバーグでしょうか)中東系?   

  市内観光は雨がパラパラ 車内からの面白い写真になりました

 

         

 何処も絵になりますね。 
  綺麗な公園です。                      

 

 
            サン・セルナン・バジリカ聖堂
       サンティアゴコンポステーラへの街道上の重要な巡礼地
        大勢の巡礼者を迎えいれる為の巨大な内部空間があります
           
 

 

      
          トラムも不思議な感じに
          

 

    

 

 
                         

 

         
 マルシェ
  
     市場

     
         

           
          バンベルク財団美術館           

 

            
         ランチはスープと           
         
        ポトフ
      

 

  

  
  

posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 16:43 | - | - |-
巡礼地への宿場町サンジャン・ピエ・ド・ポール
  朝晩大は大分えてきましたね。明日からは日中気温がまた上がるようです。

  中世にはサンティアゴコンポステーラへの巡礼路上にある宿重要な宿場町
  でもあったようです。バイヨンヌからTERで1時間位 山バスクを代表する
  山会いにあるのどかで小さな街
  かってはフランスとスペインにまたがって栄えたナヴァール王国の都市でした
   バイヨンヌ駅         スペインのTERは綺麗でしょ
    早朝なので人も少ないです。
   
             外から見て駅舎だとは見えませんね

   サンジャンピエ・ド・ポールの駅
   
    朝が早く街はガスっています
   
          寒くて巡礼者も観光客の動きが無いですね
         
  幻想的な景色です。後にはニカワ美しい景色に変わります。
   

  
  ずっと巡礼者の為の宿が続きます  質素なカテドラル
  
    巡礼者に出会います
   

   
              マカロンのお店も
  
 バスクのベレーボーのお店    バスクチーズのお店も
  

       
  老舗チョコレートショップ 
 
   早朝の霧に包まれた景色もお昼にはこんな綺麗な景色になりました。
    空も真っ青です
          

  ランチは上の写真の二―ヴ川の眺めの良いレストランでガレットを
  

     

 
   大西洋岸からピレネーにかけて広がるバスク地方は魅力が
   いっぱい満載でした。小さな街はいいですね!!


  
           
  
 
posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 23:40 | - | - |-
唐辛子で有名な小さな街エスプレット


  唐辛子色の可愛い小さな街です

  バイヨンヌからバスで45分位で行けますがバスの本数は少ないのです。
  帰りのバスを待つのに街をくまなく観光しても小さな街なので時間が
  余ります。夕方迄バスがないのです。

  この地に着く前にも綺麗な品の良い街があり窓外の景色も楽しめます
      この建物はホテルでありレストランでもあります。
   この街のほとんどの家、レストラン、お店、ホテルの窓やドア
   屋根は赤です。
     

 
                  ホアグラ屋さん
    こんな大きな唐辛子 レストランの食事には酢漬けの唐辛子が  
    トッピング 有名な産地です。
               
    

       

     
          
        お店の外壁には唐辛子が
        

            


  フレンチバスクのケーキやさんはやはりガトーバスクです。


       きめが細かくフレンチバスクの生ハムも美味しいです。
       スペインの物とは違った美味しさもあります
          

      

 

posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 23:21 | - | - |-
フレンチバスクバイヨンヌ


 旅行記に戻ります。
  バイヨンヌです。大西洋から8Km アドゥール川と
  二―ヴ川の合流点に築かれた古い街。フランスとスペインにまたがる
  バスク地方の中心都市 新鮮な魚介類と名産の生ハムが味わえます。

    国鉄バイヨンヌ駅周辺は改修中
     街の中心地には距離があります
   
          駅近くのホテルの部屋からは二―ヴ川が見えます。
         
  バイヨンヌのバスターミナルに到着した日は日曜日の夕方しかも小雨が降っていて
  どのお店もクローズしていてタクシーはなくスーツケースをもって川を渡るときは
  不安でした。駅近くのホテルに着くと近くに数件の街のレストランを
  見つけ安堵しました。
   
 バイヨンヌの街は二―ヴ川を挟んでグランバイヨンヌとプティバイヨンヌの
 二つの地区に分かれています。
        

             街のフレンチレストランには二度お世話になりました。

 

    美味しいかどうかわからない時はステーキです。食べてはいけない

    フレンチフライドポテトは何処のレストランでも付け合わせに

    していますが日本のと違っていてカリッと揚がってボリュームがあり

    美味しいのです。 フランスではたっぷり食べてしまいました

           
   明日は唐辛子の街エスプレットに行きます

posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 16:10 | - | - |-
マヨルカ島

 


  マヨルカ島ではなくツールーズの「アルビ」の栗の事を書きます。
      フランスはこの時期 日本と同様 栗がよく売られています
      値段は日本より安いです。この栗は艶が良くマルシェで農家が
      出していたのでおもわず買ってしまいました。
       
  鬼皮は日本より薄く柔らかいので簡単に手で剥けけました。
  栗の風味は良かったです。
  薄いので700gが正味600g位でした。渋皮が剥きにくいので
  甘煮にはせず渋皮煮にしましたが渋皮が意外と硬かったのです。
 

  さてソーイエール〜帰ってお茶をしました。このお店老舗カフェで
  良心的でかなり込み合っていました。コーヒーも美味しい
 
  
  マジョール広場や旧市街を散策
 

  
 スイスのチョコレートショップ どれも大きな板状にしています。

 マヨルカのお土産パン渦巻き状の「エンタイマーダ」何処のパン屋さん
 にもありサイズもいろいろあります。食べてみましたが  
 ショートニング臭が 強くふわふわパンでした。
 わたしの好みではありませんでした。
 
  探していた海沿いのレストランが見つからず鼻をきかせて入った
  レストランは当たりでした。ラムのロティ
  
 
                干しだらのトマトソース煮込みどちらも美味しく
                 ボリュームがあり過ぎて残しました。
               
 
  宿泊したホテルのテラスは見晴らしが良く
  
         海迄の眺望は素晴らしい

 

  
      
  夜もカテドラルのライトアップも見えますこのホテルかなり上にあるので
   ホテルの中にフニクラと言われるケーブルカーのようなものに乗ると
    1〜2分で下のバス通りに出られる面白いホテルでした。
   
 4日間のマヨルカ居心地の良いリゾート地でした。
 朝ホテルから空港までタクシーで。若い女性ドライバー若いのスピードに
 私達は危険を感じるような運転で体が硬くなるようで恐い思いをしました

 翌朝フランスバスク地方のバイヨンヌへ飛行機で

 マヨルカ空港のポストです。
  毎日絵葉書を出している私郵便局やポストは重要なのです。
  聞いても分からなかったのですがライオンのポスト見つけました
  絵葉書投函出来ました。
 次回はバイヨンヌ3日間の旅です。
 これが心配の始まりでした

posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 18:38 | - | - |-
マヨルカ島ぅ櫂襯函Ε如Ε宗璽ぅА櫂

 ポルト・デ・ソーイェ―ルは小さな湾の奥にある港町です。
 
 バスでも行けるのですが私達はパルマから1912年開通当時から使用されている木製の
 レトロな列車で行きました。50分位で到着です

   列車は満席、私達は朝早くチケットを購入一番で乗車不運なことに
   大きな声でずっとおしゃべりをしていた4人組のスペイン人に
   周りの人たちがへきへき。 美しい景色も台無しです。
  
  一両目はその当時のシートが
  
     アーモンド畑、山ありトンネルありの変化に飛んだ富んだ
     ルートで途中ソーイエルの街と山々のぱのらまパノラマが広がる
     展望台で停車するという趣向付き
            

     
 港と街は3Kmほど離れていておもちゃのように可愛いい路面電車で
 移動します
   

                                    
  市庁舎?小さな街ですが立派な建物です。
 
 マルシェには観光客地元の人と共に観光客でごった返していました。 
    
   お昼はパン屋さんでミートパイ、スペイン風ピザ、サンドイッチで
   このミートパイは美味でした。
  
 老舗のお店でオジサンはとっても好意的で日本人と分かって私達に有難う!と愛想よく
 
    帰りはバスで帰り社内から撮影 凄ーい空です
          

  

  

  






 
posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 23:58 | - | - |-