Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Recommend
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
フレンチバスクバイヨンヌ


 旅行記に戻ります。
  バイヨンヌです。大西洋から8Km アドゥール川と
  二―ヴ川の合流点に築かれた古い街。フランスとスペインにまたがる
  バスク地方の中心都市 新鮮な魚介類と名産の生ハムが味わえます。

    国鉄バイヨンヌ駅周辺は改修中
     街の中心地には距離があります
   
          駅近くのホテルの部屋からは二―ヴ川が見えます。
         
  バイヨンヌのバスターミナルに到着した日は日曜日の夕方しかも小雨が降っていて
  どのお店もクローズしていてタクシーはなくスーツケースをもって川を渡るときは
  不安でした。駅近くのホテルに着くと近くに数件の街のレストランを
  見つけ安堵しました。
   
 バイヨンヌの街は二―ヴ川を挟んでグランバイヨンヌとプティバイヨンヌの
 二つの地区に分かれています。
        

             街のフレンチレストランには二度お世話になりました。

 

    美味しいかどうかわからない時はステーキです。食べてはいけない

    フレンチフライドポテトは何処のレストランでも付け合わせに

    していますが日本のと違っていてカリッと揚がってボリュームがあり

    美味しいのです。 フランスではたっぷり食べてしまいました

           
   明日は唐辛子の街エスプレットに行きます

posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 16:10 | - | - |-
マヨルカ島

 


  マヨルカ島ではなくツールーズの「アルビ」の栗の事を書きます。
      フランスはこの時期 日本と同様 栗がよく売られています
      値段は日本より安いです。この栗は艶が良くマルシェで農家が
      出していたのでおもわず買ってしまいました。
       
  鬼皮は日本より薄く柔らかいので簡単に手で剥けけました。
  栗の風味は良かったです。
  薄いので700gが正味600g位でした。渋皮が剥きにくいので
  甘煮にはせず渋皮煮にしましたが渋皮が意外と硬かったのです。
 

  さてソーイエール〜帰ってお茶をしました。このお店老舗カフェで
  良心的でかなり込み合っていました。コーヒーも美味しい
 
  
  マジョール広場や旧市街を散策
 

  
 スイスのチョコレートショップ どれも大きな板状にしています。

 マヨルカのお土産パン渦巻き状の「エンタイマーダ」何処のパン屋さん
 にもありサイズもいろいろあります。食べてみましたが  
 ショートニング臭が 強くふわふわパンでした。
 わたしの好みではありませんでした。
 
  探していた海沿いのレストランが見つからず鼻をきかせて入った
  レストランは当たりでした。ラムのロティ
  
 
                干しだらのトマトソース煮込みどちらも美味しく
                 ボリュームがあり過ぎて残しました。
               
 
  宿泊したホテルのテラスは見晴らしが良く
  
         海迄の眺望は素晴らしい

 

  
      
  夜もカテドラルのライトアップも見えますこのホテルかなり上にあるので
   ホテルの中にフニクラと言われるケーブルカーのようなものに乗ると
    1〜2分で下のバス通りに出られる面白いホテルでした。
   
 4日間のマヨルカ居心地の良いリゾート地でした。
 朝ホテルから空港までタクシーで。若い女性ドライバー若いのスピードに
 私達は危険を感じるような運転で体が硬くなるようで恐い思いをしました

 翌朝フランスバスク地方のバイヨンヌへ飛行機で

 マヨルカ空港のポストです。
  毎日絵葉書を出している私郵便局やポストは重要なのです。
  聞いても分からなかったのですがライオンのポスト見つけました
  絵葉書投函出来ました。
 次回はバイヨンヌ3日間の旅です。
 これが心配の始まりでした

posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 18:38 | - | - |-
マヨルカ島ぅ櫂襯函Ε如Ε宗璽ぅА櫂

 ポルト・デ・ソーイェ―ルは小さな湾の奥にある港町です。
 
 バスでも行けるのですが私達はパルマから1912年開通当時から使用されている木製の
 レトロな列車で行きました。50分位で到着です

   列車は満席、私達は朝早くチケットを購入一番で乗車不運なことに
   大きな声でずっとおしゃべりをしていた4人組のスペイン人に
   周りの人たちがへきへき。 美しい景色も台無しです。
  
  一両目はその当時のシートが
  
     アーモンド畑、山ありトンネルありの変化に飛んだ富んだ
     ルートで途中ソーイエルの街と山々のぱのらまパノラマが広がる
     展望台で停車するという趣向付き
            

     
 港と街は3Kmほど離れていておもちゃのように可愛いい路面電車で
 移動します
   

                                    
  市庁舎?小さな街ですが立派な建物です。
 
 マルシェには観光客地元の人と共に観光客でごった返していました。 
    
   お昼はパン屋さんでミートパイ、スペイン風ピザ、サンドイッチで
   このミートパイは美味でした。
  
 老舗のお店でオジサンはとっても好意的で日本人と分かって私達に有難う!と愛想よく
 
    帰りはバスで帰り社内から撮影 凄ーい空です
          

  

  

  






 
posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 23:58 | - | - |-
スペイン、フランス、オランダ15日間の旅から帰ってきました。

 昨日15日間の旅から無事帰国しました。いつもは便利なので羽田から出発しますが
 今回はオランダ アムステルダムに入るのでKLMに乗るため成田出発。
 朝が早いので前日成田に宿泊をし楽でした。なぜアムステルダムかと言うと主人が
 計画を立て始めた頃はフランスは飛行機、鉄道が長くストをしていて解決が
 長引いていました。パリからの方が行き易いのですがエアーフランスを使わずKLMに
 しました。
         スペインのマヨルカ島は真っ青な空と海
         高級リゾート地でヨーロッパから多くの観光客が
         冬も温暖な地です。 10月24日も26〜28度夏でした
        

     イスラム教徒から奪回し4世紀を掛けて建設された壮大なカテドラル
                
     到着した夜朝の3時頃友人から世界のニュースでマヨルカ島が洪水していると
  言っているが大丈夫?と心配してくれて電話をくれました。
  東の北がその場所で私達は南で全く被害がなく素晴らしいお天気でした。
posted by: foret726-2 | 30年マヨルカ島、バイヨンヌ、ツールーズ、オランダ15日間の旅旅 | 20:31 | - | - |-